文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
背景色
音声読み上げについて

就職・資格

JOB&QUALIFICATION

就職サポート6つのポイント

就職部と担任の連携によりきめ細やかな指導を行い、希望業種への就職内定をバックアップしていきます。現在、福祉専門職は社会の中で、今以上の専門性の確立や拡大が期待されています。本校ではそのような社会のニーズに沿って、国家試験対策を始めとするスキルアップを目指す方に卒後教育制度を行っています。

POINT1就職オリエンテーション

就職オリエンテーション

就職活動の心構えや活動方法、面接のマナー、作法を学びます。また先輩の内定獲得までの経験談などを聞くことができる良い機会です。

POINT2就職四者面談

就職四者面談

学生・保護者・就職部、担任教員で学生の就職の方向性を定めるために実施しており、それぞれの希望や適性について話し合い、志望する企業や勤務地、職種などを絞り込みます。

POINT3学内施設説明会

学内施設説明会

河原医療福祉専門学校の学生のみを対象に県内の施設が本校で説明会や面接会を実施し、就職活動の一助としています。その場で内定をいただく学生が年々増えています。

POINT4面接指導

面接指導

実際の面接に見立てるため会議室を使用し、あいさつなどの基本からポイントを押さえた指導を展開しています。

POINT5履歴書・自己紹介書の作成

履歴書・自己紹介書の作成

就職指導の際に必ず必要になる履歴書・自己紹介書の書き方のコツやポイントを担任教員が丁寧に指導します。

POINT6卒業後教育

国家試験対策講座

社会福祉科では本校の卒業生を対象に夜間に国家試験対策講座を開講しており、就職後も国家資格取得に向けてバックアップしています。

就職教育 ~入学から内定まで~

社会福祉科の卒業生を例に入学から就職内定までを詳しく見ていきたいと思います!

就職内定おめでとうクラスの友達も早い段階で就職内定をもらっていたので、就職に対する意識も高まったし私も「頑張ろう!」という気持ちだったので内定が決まった時はとても嬉しかったです。就職後も勉強を怠らず社会福祉士の国家試験を一発で合格できるように頑張りたいです★

社会福祉士の専門的な授業

授業中の真剣な様子

入学する前は勉強についていけるか心配だったけど、専門科目の授業はみんなスタートラインが同じなので、福祉の基本を一から分かりやすく学ぶことが出来ました。クラスのみんなも同じ目標を持っている仲間なのですぐ打ち解けることができました。

1年次から始まる就職指導

1年次から始まる就職指導

将来の希望職種についての調査を1年次から行っていたので1年生のときから将来の自分について見つめることが出来ました。担任の先生からも現場の経験談などを教えてもらったりして、将来のビジョンも思い浮かべることが出来ました!!

施設実習

施設実習

1年生の時は身体障がい者授産施設に実習に行きました。授業で勉強していましたが、実際の現場は違うなぁ~と圧倒されました。分からないことや戸惑うこともあったけど施設の方々が親切に指導して下さったので自分が成長できた実習になりました。2年生の時は救護施設へ実習に行き、様々な障がいを持たれた方とコミュニケーションを取ることができ、とても良い経験になりました。

ボランティア

ボランティア

ボランティアには実習以外で現場へ行くことができる貴重な経験になるので積極的に参加しました。実習とは違った形で施設の方や利用者の方と触れ合うことができ、自分の夢に向かって頑張ろうと思う気持ちが強くなりました。

四者面談

四者面談

担任の先生と就職部の先生と私と母親で四者面談をしましたが、自分の将来の方向性(働きたい地域や、施設の種類など)について相談をしたり、就職に関する情報を簡潔に教えて頂いたり、就職するうえでとても参考になった面談でした。就職に対する意欲促進になりました。

履歴書・自己紹介書作成

履歴書指導

自分で考えて書いたものを先生に確認してもらい、指導してもらって修正していくという流れでした。担任の先生が付きっきりで教えて下さり、ハンコの押し方から文字のバランスなど細かいところまで丁寧に教えてもらい安心して書類を提出することが出来ました。

面接練習

会議室を使用しての面接練習

授業で面接練習の時間があり、クラス全体で公開面接をしました。相手の良かったところや悪かったところを指摘しあって自分の良かったところ、直さなくてはいけないところに気付くことができました。もちろん就職試験前の個別練習も会議室を使って丁寧に指導して頂きました。

就職試験

就職試験

学内での施設説明会が5月に行われて、その時に「社会福祉法人宗友福祉会 みどり園」の説明を聞いてとても興味を持ちました。後日みどり園のボランティアに参加し、私もみどり園で働きたいという気持ちが強くなり履歴書を提出しました。