河原医療福祉専門学校は修学支援制度の認定校です。
文字サイズ
  • 標準
  • 拡大
背景色
音声読み上げについて
オープンキャンパス
資料請求
オンライン相談

学科紹介

DEPARTMENT

介護福祉科

介護福祉科 学科説明

高齢化社会を支える介護専門職を目指そう!

介護福祉士の仕事は、介護を必要とする方々の「夢」「希望」「やりたいこと」の実現するための支援です。その方々が喜びや幸せを実感し笑顔になるところを直接見ることができるところが最大のやりがいです。

景気に左右されにくい職業ですが全国的な人員不足を改善するため、国や県は介護職員の給料に対する補助金や進学者への就学支援金などの手厚いサポートが行なわれています。それにより、給料等の大幅な改善が図られ、安心して働くことができます。

学科紹介

利用者の気持ちを充分に理解し、その人らしい生活を支える為に必要となる専門的知識を学びます。また、知識だけでなく少人数体制での学内実技実習や施設実習など、実践的なカリキュラムによって介護者・利用者両方の立場を体験し、利用者本位の介護を提供できる介護福祉を目指します。


POINT125年間の実績 国家資格取得から就職内定まで万全の体制!

介護福祉士国家試験を卒業時に受験します。本校は平成7年に開校、25年間の実績で国家試験対策には自信があります。
2020年3月卒業生は、全員 介護福祉士国家試験に合格しました。

POINT2様々な現場を体験することで就職の幅を広げます!

愛媛県内の多数の障害者支援施設との交流会により、高齢者分野だけではなく障がい者分野での就職も多く実績があります。卒業年次には、福祉先進国であるヨーロッパへ海外研修旅行に行き、グローバルな視点で考察、将来に活かしていきます。


POINT3就職内定率100%

入学から就職内定まで一貫した就職指導体制で、就職内定率は100%となっています。また介護の人で不足は深刻化しており、介護福祉士の資格を取得して卒業する本校の卒業生は、福祉現場において将来を担う貴重な存在です。

教員からのメッセージ

介護福祉科 教員紹介

目指す職種・取得目標資格

目指す職種

  • 特別養護老人ホーム
  • 障がい者支援施設
  • 介護老人保健施設
  • 認知症高齢者グループホーム など

取得目標資格

  • 介護福祉士国家試験受験資格
  • Excel表計算処理技能認定試験
  • 専門士
  • 介護支援専門員(ケアマネジャー)受験資格
    ※実務経験5年要

授業紹介

車いす支援 車いすに乗っている人はちょっとした段差でも不快に感じることがあります。段差の上り下りや溝の越え方、ブレーキで固定できているかなどの基本的な使い方を学んだ上で実際に車いすに乗ることを経験し、利用者目線での支援をすることができます。
移乗支援 ベッドから車いすに移る練習です。見た目は簡単に見えますが、力まかせでは介助者も疲れ、利用者の怪我のリスクもあります。ベッドや車いすも適切な角度や高さがあり、介助者の手足の正しい位置があります。練習を重ね正しい方法を身に付けます。
サロン実習
地域で生活している高齢者の方々に対して、社会福祉協議会と連携したサロン実習を行っています。サロン実習ではオリエンテーションやお菓子を一緒に作るなど様々な取り組みを地域と連携して行っています。
調理実習
介護施設では、高齢者に食事提供を行います。訪問介護やグループホームなどでは、介護福祉士が食事を作ることもあります。在学中に栄養を与えた食事内容や調理方法を実習で学ぶことができます。
手話
介護福祉士は利用者の方々とのコミュニケーションが必要となります。ただ、利用者の方の中には聴覚障がいの方や言語障がいの方もいらっしゃいます。このような障がいを持たれた方とも楽しく会話ができ、信頼関係が築いていけるよう手話を学びます。
介護実習
2年間で計4回の実習(1年次は訪問介護3日間、施設実習3週間。2年次は施設実習4週間と5週間)に臨みます。利用者の方と直接関わることで具体的にどのような支援が必要化理解することができ、実践力を身に付けることができます。

時間割(例)